IHIOの活動
輸入住宅産業発展のための課題
輸入住宅産業を今後とも発展させていくためには、今後いくつか解決しなければならない課題があります。
規制緩和
輸入住宅市場が自由な競争のもとに発展するためには環境の整備が必要です。例えば、各種の規制を緩和することにより、自由かつ合理的な経済活動が行える環境が整えられるでしょう。協議会は政府はじめ関係機関に各種規制緩和のお願いをしています。
コスト低減
輸入住宅産業発展のためには、輸入住宅のコスト自体を低減させる努力も必要になってきます。建材・部材の購入コスト、輸送コスト、さらには、建設費の中で大きなウエイトを占めている施工費の低減など、優良な輸入住宅を的確な価格で提供できるよう業界自体も努力しています。
アフターメンテナンス
住宅は長期間使うものです。そのため、アフターメンテナンスが必要です。輸入住宅業界全体がメンテナンス、アフターケアへの対応を十分に考えていく必要があるといえるでしょう。 業界が発展するための課題は、これだけではありません。一般社団法人 輸入住宅産業協会はこれらを踏まえ、業界発展のために種々の活動を行っていきたいと考えています。