IHIOの活動
広報・普及活動

輸入住宅市場を発展させるためには、消費者に輸入住宅の良さを知ってもらうことが重要です。そのため、協議会では各種広報活動を実施しています。また、協議会自体の存在も、業界関係者に知ってもらうことが必要です。そのため、関連業者の方々に協議会自体の存在を知ってもらうための活動を行っています。

(年度により一部活動していない事業もあります。)
輸入住宅を展示する「オープンハウス」事業の実施
 国内各地域に建設されている輸入住宅を一定期間「オープンハウス」として展示します。各種イベント・体験入居などを通じて一般消費者が身近な場所で気軽に輸入住宅に親しめる場所と情報を提供します。
セミナー・シンポジウムの開催
 消費者はもとより、業界関係者に輸入住宅についてよく知ってもらうため、セミナー ・シンポジウムを開催します。
市場開拓のための活動
 わが国の輸入住宅関係者にとって、パートナーとなる海外の住宅メーカー、建材メーカーや輸出業者等を探すのは一苦労です。そのため、わが国のバイヤーと海外の関連業者をつなぐ商談会を実施します。また、わが国で開催される住宅や建材関係の見本市・展示会に出展して、関連業者等との交流の場を提供します。
広報誌の発行
 輸入住宅に関する一般向けパンフレット「輸入住宅How To Book」「知れば知るほど輸入住宅」「輸入住宅ABC」等を作成し、広報誌として活用しています。
輸入住宅関係資料閲覧室の開設
 一般社団法人 輸入住宅産業協会の事務局に資料閲覧室を設けて、広く一般に開放しています。この資料室には会員企業のパンフレットを始め、輸入住宅に関する資料をそろえ閲覧できるようになっています。ご利用下さい。